ノンケミカル製品で日焼け止め

 

暑い夏。あなたは強い日差しに悩まさてはいませんか?ここではどんな日焼け止めをしていいのかお悩みの方へノンケミカル製品をおすすめしています。ノンケミカルの日焼け止め製品は敏感肌の方、アトピーなど症状が強い方々におすすめの商品。最近の日焼け止めは機能性も高くなっていて、昔はなかったノンケミカルの日焼け止めも販売されるようになりました。あなたがもし、肌の状態を気にしながら日焼け止めを使っているとしたら、当ページで紹介している商品や方法を参考にしてみてください。

 

私は日焼け止めにはノンケミカルをおすすめしています。巷でもそう噂されていますが、はたして本当にそうなのでしょうか?ちょっと前まで日焼け止めは塗ると白くなり、塗っているのがバレバレで、お肌もツッパるというマイナス面がありました。それが、最近の日焼け止めは塗った後も肌の上で目立たず、ツッパり感もほとんどありません。日焼け止めも進化してきて昔のようなマイナス面をカバーした製品がどんどんでてきています。

 

日焼け止めは肌へ直接塗り込むもの。それだけに敏感肌の方々は気にする方が多かったでしょう。そんな方々へおすすめしたいのがノンケミカル日焼け止め。選び方としてはできるだけノンケミカル度が低めの商品を選ぶといいかと思います。たとえば、ノンケミカルじゃない日焼け止めを塗ったとすると内容成分の影響で肌への刺激が強く、肌荒れを起こしたりすることもありえます。紫外線拡散材や紫外線吸収剤には注意し、特にオキシベンゾンは刺激が強いので含有されていないものを選ぶようにしましょう。

 

敏感肌の日焼け止め

 

ノンケミカル日焼け止めがオススメな方にアトピーの方、敏感肌の方が挙げられます。先程ご紹介した紫外線吸収剤は肌への刺激が強く、肌に塗ると少しピリピリする感じがするでしょう。これは、アトピーの方などには刺激が強すぎて肌のバリア機能を低下させてしまうことにもつながります。また、人工的に作られた成分の入っていないもの。できれば界面活性剤など入っていないものを選びましょう。その意味からもノンケミカル製品を選ぶのがいいのです。

 

また、敏感肌でない方へもノンケミカルの日焼け止めはおすすめです。ノンケミカル製品は肌への負担を極端に小さくすることができます。そのため、塗った後のケアも簡単なのです。簡単な水洗いだけでもきれいに落とすことができ、何度も重ね塗りしても落としにくくなるといったことはないでしょう。

 

では、実際に販売されている製品でおすすめの製品は無いのか?そんな声が聞こえてきそうなので、ここでわたしのおすすめ製品をご紹介しておこうと思います。その製品は花王のサンプロテクトウォーターミルクマイルドです。この日焼け止めの特徴はSPF50、PA+++と高い数値であることです。それでいてサラッとしていて肌をしっかりと潤わせてくれますから。日焼け止めを落とした後はウォーターピーリングでケアすることもおすすめですよ。